盗撮

埼玉大宮で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「盗撮事件の基礎知識」「盗撮事件で逮捕された場合の流れ」「示談のメリット、示談金・慰謝料の相場」など、盗撮事件のよくある相談を読むことができます。

盗撮事件の基礎知識

盗撮は法律的にどんな罪になるのでしょうか?

公共の場所での盗撮行為は、各都道府県が定める迷惑防止条例に違反する犯罪行為です。また、人が通常衣服をつけない場所(浴場・便所等)での盗撮行為は、軽犯罪法が禁じる覗き行為に該当します。

盗撮定義は?

盗撮を直接定義する法律上の規定は特にありませんが、迷惑防止条例の盗撮行為は「卑わいな言動」の一類型であるところ、「卑わいな言動」は「社会通念上、性的道義観念に反する下品でみだらな言語又は動作」と定義されています。

また、軽犯罪法は、「人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見」ることを禁じており、軽犯罪法違反となる盗撮行為は、撮影機器を使ってこの「のぞき」(窃視)行為をすることを指します。

盗撮はどんなに問われるの?

駅構内や電車内といった公共の場所又は乗り物での盗撮行為は、各都道府県の定める迷惑防止条例違反に該当します。ショッピングセンター等に立ち入って盗撮行為に及んだ場合、あわせて建造物侵入罪に問われることも考えられます。

また、人が通常衣服をつけないでいるような場所での盗撮行為は、軽犯罪法違反に該当します。他人の住居や建造物に入った上での盗撮行為については、あわせて建造物侵入罪又は住居侵入罪に問われることも考えられます。

盗撮懲役罰金は?

埼玉県の迷惑防止条例では6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されることになります(12条1項1号、2条4項)。なお、常習とされる場合はより重く、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります(12条2項)。

一方、軽犯罪法違反の場合、拘留(30日未満の身体拘束)又は科料(1万円未満の金銭制裁)となります。また、建造物侵入罪(住居侵入罪)は3年以下の懲役又は10万円以下の罰金と規定されています。

盗撮に適用される法律は?(刑法 迷惑防止条例

公共の場所又は乗り物での盗撮行為には、各都道府県の迷惑防止条例が適用されます。一方、浴場や更衣室といった公共性のない場所における盗撮行為は、軽犯罪法の適用される可能性があります。

また、便所内にカメラを仕掛けるためデパート内に入った、浴場内を撮影するために居宅の敷地内に入ったといった場合には、刑法の建造物侵入罪や住居侵入罪が適用されることもあります。

(まとめ表)

盗撮・のぞきの禁止を定めた法律など 各都道府県の迷惑防止条例 6月以下の懲役または50万円以下の罰金(埼玉)
刑法(建造物侵入・住居侵入) 3年以下の懲役又は10万円以下の罰金
軽犯罪法 拘留又は科料

盗撮事件で逮捕された場合の流れは?

盗撮で逮捕されることはありますか?逮捕された後はどうなるのでしょうか?

盗撮事件での逮捕は、現行犯逮捕であることがとても多いです。また、逮捕された後の拘束期間はケースによって様々ですが、盗撮事件では2日程度で釈放される場合も少なくありません。

盗撮逮捕された場合の流れ

逮捕された場合、まず最長で48時間、警察での身体拘束を受けることになります。盗撮事件では、被疑者が犯罪事実を認めており、証拠上も明らかであるような場合、そのまま警察から釈放されることも多く見られます。釈放後は、在宅捜査となり、日常生活を継続しながら時々警察等へ出頭する流れになります。

一方、捜査機関が身体拘束の必要ありと考えた場合、警察から送致を受けた検察官が、裁判所に勾留を請求します。そして、勾留が認められた場合、10~20日間の身体拘束が行われることになります。もっとも、単純な盗撮事件では、弁護士が意見や不服を述べていくことで、 勾留を防げるケースも少なくありません

盗撮現行犯逮捕された場合

盗撮事件での現行犯逮捕は、盗撮現場を現認されたケースがほとんどです。

現行犯逮捕に伴う取調べでは、疑いが間違いか間違いでないかは明確に述べるべきでしょう。犯罪が間違いないのであれば、素直に認めて早期の釈放を目指す余地がありますし、誤認逮捕なのであれば、認める旨の供述が証拠になるのを防ぐ必要が生じます。

盗撮後日逮捕されるの?(期間 可能性

盗撮事件は現行犯逮捕がメインで、後日逮捕されるケースはそれほど多くありません。事件類型としては、後日逮捕の可能性は低いといえるでしょう。

盗撮事件での後日逮捕は、余罪等の捜査を見込んで行われることが多いと思われます。もっとも、余罪捜査の目的で身体拘束することは本来許されませんので、弁護士を通じて釈放を求めることで、拘束期間が短縮できるケースもあるでしょう。

盗撮警察に呼び出されたら

警察の呼び出しは、警察署での取調べを目的として行われることになります。取調べ時にどのような対応をするべきかは、個別具体的な事情によって変わってきますので、一度弁護士に相談し、適切な対応についてアドバイスを受けることが有益でしょう。

盗撮逮捕されないためには

逮捕は、逃亡や罪証隠滅の恐れがある場合に行われるものです。現行犯の場合、その場を逃れたり証拠物を処分したりする危険が大きいため、逮捕の必要性が高くなるわけです。

逆に、逃亡や罪証隠滅の危険がなければ、逮捕の必要は減退します。そのため、捜査への協力的な態度を示すことや、身元引受人の存在を明らかにすることは、逮捕回避の努力として考えられるところでしょう。また、警察に対して 弁護士が出頭への協力を約束することで、逮捕回避につながるケースもあります。

盗撮事件で立件される基準は?

盗撮事件は、具体的な被害者や被写体が存在する犯罪類型ですので、警察は被害者らの被害申告に応じて捜査するのが通常です。そのため、被害申告の有無が、立件されるか否かに直結するといえます。

特定の被害者がおり、未だ警察への被害申告がないという状況であれば、被害者に対する適切な示談交渉等により未然に立件を防ぐことができる可能性もあるでしょう。

盗撮事件で家宅捜索されるの?

盗撮事件では、撮影した画像・映像データを自宅で保管している場合が多く見られます。そのため、多数の余罪が見込まれており、データ等の証拠が自宅にあると疑われる場合には、家宅捜索が行われることも考えられます

もっとも、強制的に捜索する必要まではないと判断されれば、捜索に至らないことも少なくありません。捜索されない可能性がある場合には、証拠の任意提出に素直に応じることも有益な手段になり得るでしょう。

(まとめ表)

盗撮で逮捕される場合 現行犯が多い
逮捕された後の流れ 48時間以内に釈放されることも多い
家宅捜索の有無 家宅捜索の可能性はあり

盗撮事件における示談のメリット、示談金・慰謝料の相場は?

盗撮事件では示談した方がいいのでしょうか?

示談の成立は、後に処分を受ける際に非常に重視されます。前科を防ぐ手段としては最も重要であるといえるでしょう。また、示談によって、損害賠償の問題も一挙に解決し、当事者間の法律関係を清算することが可能です。

盗撮事件での示談のメリットは?

初犯の盗撮事件で被害者との示談が成立し、刑事処罰を望まないという被害者の宥恕(許し)が得られれば、事件は不起訴処分となる可能性が非常に高くなります。不起訴処分の場合、裁判所による刑事処罰が行われないので、いわゆる 前科を回避することができます。

盗撮事件の示談金はどのように決まるの?(相場

示談金は、当事者間の合意によって定まるため、当事者の経済力や感情面等によって変動してくるところです。示談したいという加害者の希望が強い場合や、被害者の精神的ダメージが大きい場合は高額になりやすく、加害者の資力に限界がある場合や被害者が早期解決を望む場合には低額になりやすいでしょう。

示談金の相場としては、おおむね30万円程度が一つの目安になるところです。

盗撮事件の慰謝料は?(慰謝料請求 判例 相場

盗撮は民法上不法行為に該当するので、被害者は、盗撮行為による精神的損害の賠償を慰謝料請求という形で求めることも可能です。

明確な判例や相場が存在するものではありませんが、示談金として設定する金額より低くなることが一般的でしょう。示談の場合、宥恕(許し)の対価として示談金額を上乗せする発想になるためです。なお、 適切な示談を行った場合、別途慰謝料請求されることはありません

盗撮事件で不起訴になるには?

不起訴になるかどうかという点では、被害者の処罰感情が非常に大きな意味を持ちます。被害者との示談を通して、被害届の取り下げ刑事処罰を望まないとの判断を得ることが極めて重要になるでしょう。

もっとも、被害者が加害者本人やその親族と直接コミュニケーションを取ってくれるというケースは、極めて稀と言わざるを得ません。そのため、刑事事件に長けた弁護士を通じて示談交渉の努力をするのが良いでしょう。

(まとめ表)

盗撮事件の示談のメリット 初犯であれば、前科が付かない可能性が非常に高くなる
示談金の相場 30万円程度
慰謝料の相場 示談金より低額であるのが一般的
不起訴になるには 弁護士を通じた示談交渉が極めて有益
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談