大麻

埼玉大宮で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「大麻事件の基礎知識」「逮捕・摘発された場合」「大麻の吸引は犯罪になるのか?」「解決のポイント」など、大麻事件のよくある相談を読むことができます。

大麻事件とは?大麻事件の基礎知識

大麻はどんな法律で規制されていますか?

大麻取締法という法律が、大麻に関わる行為を広く禁止しています。

大麻取締法

大麻取締法は、覚せい剤、麻薬・向精神薬と並ぶ代表的な禁止薬物である大麻の取り扱いを厳格に規制する法律です。

大麻事件の犯罪の種類(所持 密輸 栽培 売買

大麻取締法は、大麻の所持、譲り受け、譲り渡し、栽培、密輸等の行為を犯罪として規定し、禁止しています。

大麻麻薬の違い

法律上、大麻とは植物の「麻」である大麻草からできた製品を指しますが、麻薬はモルヒネ、ヘロイン、コカインなどの薬物を総称した呼び方です。麻薬は大麻と異なり、「麻薬及び向精神薬取締法」という法律で規制されています。大麻は植物を乾燥させたような見た目ですが、麻薬は粉末や錠剤の外見をしています。

大麻事件の時効

所持や営利目的のない譲渡、栽培、密輸等は5年で公訴時効にかかりますが、営利目的での栽培、密輸はより罪が重いため、7年で公訴時効となります。公訴時効が完成した場合、同一の事件で起訴されることはなくなります

大麻事件の罰則

大麻の所持、譲り受け、譲り渡しは5年以下の懲役、密輸と栽培は7年以下の懲役に処されます。営利の目的があった場合はより罪が重くなり、10年以下の懲役に処せられます。

(まとめ表)

大麻関係の犯罪行為
通常の場合 所持、譲り受け、譲り渡し 5年以下の懲役
栽培、密輸 7年以下の懲役
営利目的の場合 所持、譲り受け、譲り渡し 7年以下の懲役及び200万円以下の罰金
栽培、密輸 10年以下の懲役及び300万円以下の罰金

大麻事件で逮捕・摘発された場合は?

大麻事件はどういう場合に逮捕されるのでしょうか?

現に大麻を持っているところを捕まるパターンや、関係者の供述から嫌疑が生じ、大麻が家などから出てきて捕まるパターン等があります。

大麻事件の逮捕の流れ

大麻事件は、警察の職務質問や所持品検査から所持が発覚して逮捕される場合や、他人の譲り受け、譲り渡しの記録からたどられた結果逮捕される場合、自宅の捜索によって所持が発覚し、逮捕される場合などがあります。

大麻事件で現行犯逮捕されたとき

大麻事件で現行犯逮捕される場合も、警察から職務質問及び所持品検査されて出てきた大麻を試薬検査され、その場で現行犯逮捕されるという流れが多く見られます。

大麻摘発されたとき

大麻の所持などが発覚して摘発された場合、逮捕を免れることは難しいことが多いと言わざるを得ません。逮捕された上で取調べを受けることは覚悟する必要があるでしょう。

大麻事件の検査は?(尿検査 血液検査

大麻については尿検査・血液検査などは他の薬物事犯ほど重視されません。大麻の使用そのものは禁止されていないため、大麻の現物が押さえられて所持で検挙されることになるからです。

大麻事件で通報されたとき

大麻について通報された場合、警察から事情を聴かれ、場合によっては自宅等の捜索を受けることもあります。

大麻事件で警察に呼び出されたとき

大麻事件に関係しているとして警察から呼び出された場合、取調べの前に弁護士に相談して的確なアドバイスを受けるべきです。初期の対応が重要な意味を持つケースは少なくありません。

(まとめ表)

大麻事件の発覚についてのポイント 路上などの職務質問で所持が発覚
他からの情報によって所持が疑われ、捜索されて発覚

大麻の使用・吸引は犯罪になるの?

大麻は使っただけでは罪にならないと聞きましたが本当ですか?

はい。大麻取締法は、大麻の所持などを禁止していますが、使用は禁止されていません。

大麻使用吸引になる?

大麻の吸引などの使用行為は犯罪とされていません。しかし、当然ながら大麻を使用するために他人から買ったりすることは「所持」「譲り受け」に当たりますから、犯罪に当たります。

大麻副流煙で吸った場合は?

大麻を譲り受けも所持もしておらず、副流煙として吸ってしまった場合は、罪には当たらないということになります。

(まとめ表)

大麻の使用は禁止されていない
大麻を副流煙で吸ってしまった場合も罪にならない

弁護士相談のメリットは?大麻事件の解決に向けたポイント

大麻事件で捕まってしまったら、弁護士に相談しても手遅れではないのですか?

そんなことはありません。弁護士は処分が有利になるように様々なサポートをすることができます。

大麻事件を弁護士相談するメリット

起訴された後には、弁護士に依頼して保釈請求をすることが考えられます。保釈は、単純な所持等の事件ではほぼ認められるので、早期の釈放が可能です。また、捕まっている間にも、伝言等を通じて家族間の橋渡しをすることや、 薬物依存から脱却できるようお手伝いすることもできます。

大麻事件で懲役を回避

大麻の所持、譲り受けで捕まった場合、初犯であれば懲役1年程度の懲役に執行猶予3年が付く場合が多く見られます。執行猶予が付けば、刑務所に行く必要はありません。もっとも、2回目、3回目となった場合には実刑の可能性が大きく上昇するでしょう。一方、大麻の栽培や密輸の罪は重く、初犯でも実刑になるケースは少なくありません。

大麻事件で不起訴になるか?

初犯で所持していた大麻の量が微量であった場合は、不起訴になることも考えられます。不起訴処分となれば前科はつきません

大麻事件で罰金になる?

大麻事件のうちでも、特にお金を稼ぐために大麻を利用しようとしていた場合(営利目的がある場合)には、懲役刑に罰金刑が併科されることになります。営利目的がない場合には、法律上罰金刑が科されることはありません

大麻事件で前科を阻止するには

犯罪事実を認める場合、大麻事件で前科が付くかどうかは、とにかく検察官に起訴されるかどうかにかかっています。事件の規模が小さいことや、薬物との親和性がないことを説得的に主張することで、不起訴処分を獲得できるケースも考えられます。

(まとめ表)

大麻事件の処分のポイント 初犯であれば懲役1年程度、執行猶予3年が付く場合がほとんど
所持していた量が少ない場合には不起訴もあり
営利目的がない場合、罰金になることはない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談