面会や差し入れをしたい

埼玉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。

このページでは、警察に逮捕された方のご家族の「面会や差入れをしたい」というご要望を実現するための方法を弁護士がご説明します。

面会について

夫が逮捕されてしまいました。なんとか夫と連絡をとることはできないのでしょうか。

基本的に、ご家族等が面会をできるのは、逮捕の後勾留がされてからになります。ただ、勾留の場合も、裁判所により、弁護人等以外との面会が禁止されることもあります。

ええ…そうなのですか?その場合どうしたらいいのでしょうか。

まずは、弁護士を通じて連絡を取ることが一つです。また、面会の禁止に対する異議申立てをするという方法もあります。

上記のような、「面会をしたい」というご要望をお持ちの方は、お早めに弁護士に相談をすることをお勧めします。

刑事事件専門の弁護士なら、具体的な状況に応じて、少しでもご家族と逮捕されている方の連絡が取れるように、対応をすることができます。

面会ができる期間

ご家族等が逮捕されてしまった場合、まず最大で72時間、警察署等に身柄を拘束されることになります。

この期間は、基本的にご家族等との面会が認められません。

その後、裁判所の勾留決定により、逮捕に引き続いて勾留されることになると、ご家族等と面会をすることができるようになります。

しかし、この場合でも、裁判所が特にその面会を制限するべきと判断した場合には、ご家族等との面会が許されないこともあります。

身柄拘束の段階 面会の可否
逮捕段階 原則:不可
例外:担当刑事の許可等により、可能な場合もあり
勾留段階 原則:可能
例外:裁判所の判断により禁止される場合あり

面会が禁止されている場合の対応

面会が禁止されている場合の対応としては、弁護士を通じて連絡をとるという方法と、面会の禁止に対して異議申立てを行う方法があります。

まず、弁護士は、基本的にはいつでも、逮捕・勾留されている方と面会ができますので、弁護士に連絡事項等を伝えれば、弁護士を通して逮捕・勾留されている方と連絡を取ることができます。

また、裁判所に異議申立てをする方法もあります。この場合には、面会の制限の必要性がないこと等の事実を書面にし、裁判所に提出をすることになります。

面会の内容

面会が認められる場合であっても、一般の方では多くの制限があります。

まず、基本的には面会が許されるのは、平日のみで、おおよそ午前の8時30分頃から午後5時30分頃までと、時間が限定され、1回あたり15分程度と非常に短い時間しか話ができません。

また、被疑者1人につき111 組しか面会をすることができない、といった制限もあります。例えば友人が先に面会していたら、家族でもその日は面会できません。

一方、弁護士であれば、日にちや時間制限なく、また面会の回数も制限なく行うことができるので、緊急の場合には弁護士に面会を依頼することも有用です。

差入れについて

現在勾留されている夫に、着替え等の差入れをしたいのですが、差入れはできるのでしょうか。

逮捕期間と勾留期間を通して、差し入れをすることは可能です。ただし、留置されている警察署等によってルールが異なりますので、あらかじめ確認をしておく必要があります。

差し入れが認められないものの例

差し入れが認められないものとしては、様々なものがあります。

例えば、衣類であれば、女性のブラジャー等、ワイヤーの入っているものや、ヒモがついているものは認められないことが多いです。これらは、ワイヤーやヒモを使った自殺行為等の防止のためと言われています。

他には、飲料・食料や、筆記用具も認められないことが多いです。

このように、差し入れが認められないものも多いため、差し入れをする際には、留置施設にあらかじめ確認すると良いでしょう。

認められる物の例 下着、雑誌、手紙、現金(留置施設内で生活必需品の購入ができる)   等
認められない物の例 ヒモやワイヤーのついた衣服、食料・飲料、筆記用具、靴、シャンプー   等

逮捕・勾留されている方に喜ばれる差入れ

逮捕、勾留されている方に喜ばれる差入れとしては、以下のようなものがあります。

まずは、現金です。留置施設内では、下着やタオル、歯ブラシ、お菓子やジュース等を購入することができます。そのため、現金の差入れがあると、とても喜ばれます。

また、衣類も喜ばれます。身体拘束中は、洗濯をすることができないため、定期的に衣類の差入れと宅下げ(差し入れの逆で、留置施設内のものを回収すること)をすると、とても喜ばれます。

そして、漫画や雑誌も喜ばれます。留置施設内では、とにかく手持無沙汰な時間が多いため、時間をつぶすために、漫画や雑誌が重要な手段となります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談