示談してほしい

埼玉で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。

このページでは、警察に逮捕された方、呼び出された方、そのご家族の「示談してほしい」というご要望を実現するための方法を弁護士がご説明します。

示談の意義

夫が強制わいせつの容疑で逮捕されてしまいました。これから、どうすればいいのでしょうか。

強制わいせつの事案であれば、被害者との示談をすることが、重要な弁護活動となります。

示談をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

様々な場面でメリットがあります。例えば、早期の釈放が望める、一定の事案であれば適切な示談により必ず不起訴になる、といったものです。

上記のような、示談をしてほしいというご要望については、できるだけ早めの弁護士への相談をお勧めします。

示談を行うことにより、逮捕されてしまったご家族の早期の釈放や、不起訴の獲得が可能となる場合があります。

そして、効果的な示談を行うためには、早期の弁護士の活動が重要となります。

そもそも、示談とは

そもそも、刑事事件における示談とは、加害者から被害者への金銭の交付により、被害者が被害届を提出しない、または提出した被害届を取り下げること等を内容とする、加害者と被害者の合意をいいます。

示談における金額等は、犯罪類型により一定の相場が存在する他、個別具体的な事情を加味して決定されます。

示談が有効な犯罪について

犯罪の中には、親告罪と言い、被害者からの告訴がなければ裁判をすることができない類型があります。具体的には、強制わいせつ、強姦等の性犯罪等が挙げられます。

親告罪の場合、示談をして被害者の告訴を取り下げてもらえば、検察官は起訴することができないため、必ず不起訴になります。また、起訴の判断ができない以上、早期に釈放されることも多いです。

また、親告罪でなくとも、被害者がいる犯罪については、示談は重要な意義を持ちます。なぜなら、示談により被害者にその被害の弁償をしていることは、裁判官の勾留決定の判断や、検察官の起訴不起訴の判断において、重要な要素となるからです。

示談が有効な犯罪類型 具体例
親告罪 強姦罪、強制わいせつ罪、過失傷害罪、器物損壊罪等
被害者がいる犯罪 窃盗罪、強盗罪、横領罪、傷害罪、暴行罪等

示談の重要性

示談は、刑事事件において重要な役割を果たすだけではなく、後の民事事件(被害者からの慰謝料請求等)を防ぐという効力も有します。なぜなら、示談は、その事件についてのトラブルを示談金によって終了させる、というものだからです。

仮に示談での合意に反して相手方が後に慰謝料請求等をしてきた場合、請求が認められることは基本的にありません。

このように、示談は、その事件を穏便に済ますための手段として、極めて重要と言えます。

被害者と示談するためには

では、示談を円滑に進めるためには、どのような対応をすればいいのでしょうか。

まずは、刑事事件専門の弁護士に依頼をすることをお勧めします。弁護士は、交渉のプロである上、刑事事件専門の弁護士は、その豊富な経験により、円滑に示談を進めることができます。

自分一人で解決しようとせずに、専門家である弁護士に頼ることも重要ということですね。

示談を弁護士に依頼したほうがいい理由

示談は、刑事事件の加害者になってしまった方にとって重要な活動ではありますが、自分やその家族のみで解決しようとせず、弁護士に相談することをお勧めします。なぜなら、個人での示談には、様々な障害があるからです。

まず、加害者本人やそのご家族では、警察や検察が被害者の連絡先をそう簡単には教えてくれません。被害者の心情等への配慮や、証拠隠滅のおそれ等の防止のためです。

しかし、弁護士であれば、ほとんどの場合、被害者から許可を得たうえで警察や検察から被害者の連絡先を教えてもらえます。

また、弁護士を介さず示談交渉をする場合、被害者が感情的になってしまう等の原因により、交渉が難航することが多いです。

示談は、被害者の被害感情を理解しつつ解決を目指すという点で、その円滑な交渉には多くの経験を必要とします。そのため、経験豊富な弁護士に依頼をするということが、特に重要になってきます。

示談を依頼する弁護士の選び方

示談を依頼する弁護士を選ぶ際には、刑事事件専門の弁護士を選ぶことを強くお勧めします。

なぜなら、弁護士にも専門分野や得意分野があり、刑事事件に詳しくない弁護士も多く存在するからです。

そして、刑事事件専門の弁護士は、他の弁護士に比べて、多くの示談の経験と実績があります。また、特に刑事事件専門の法律事務所所属の弁護士は、事務所内に多くの示談のノウハウをもっているため、個々の事案に合わせてそのノウハウを生かし、必要十分な示談を行うことができます。

弁護士の種類 効果的な示談交渉の可否
刑事事件専門の弁護士 豊富な実績、経験とノウハウの蓄積あり
被害者との円滑な交渉と、妥当な金額での示談が可能
その他の弁護士 刑事事件や示談の経験が乏しい場合も多い
→被害者との交渉に不慣れなため、円滑な交渉や妥当な金額での示談が難しいことも
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談