痴漢

埼玉大宮で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、無料相談をご希望の方へ。このページでは、「痴漢事件の基礎知識」「痴漢冤罪の対策」「痴漢事件と逮捕の関係」「痴漢事件の示談金・慰謝料相場」など、痴漢事件のよくある相談を読むことができます。

痴漢事件とは?痴漢事件の基礎知識

痴漢ってニュースでよく問題になりますが、法律ではどのように決められていますか?

痴漢は各都道府県の迷惑行為防止条例違反、または強制わいせつ罪に当たる犯罪です。適切な対処のためには弁護士に依頼する必要があります。

痴漢事件とは?

痴漢は法律上の用語ではありませんが、一般的に「電車の中や路上などの公共の場所で同意なく人の体に触ること」を指す言葉です。

痴漢事件に適用される法律は?

痴漢は犯罪であり、通常は埼玉県迷惑行為防止条例違反になるか、刑法の中の強制わいせつ罪に該当することになります。条例違反に比べ強制わいせつの方が重い罪になります。

痴漢事件と刑法の関係は?

条例違反と強制わいせつの区別は明確ではありません。ただし一般的には、下着の中に直接手を入れたり、服の上からでも胸や尻を何度も強く揉んだりした場合には、刑法の強制わいせつに当たるとされています。

迷惑防止条例痴漢事件の関係は?

強制わいせつに至らない程度の痴漢行為は迷惑防止条例違反となります。たとえば、単純に服の上から胸やお尻に触ったりした場合は迷惑防止条例違反に留まります。

痴漢事件を弁護士に依頼するメリットは?

痴漢事件の弁護活動を弁護士に依頼すると、被害者と示談交渉できるようになります。被害者と示談できれば不起訴となる確率が上がります。不起訴となれば前科が付かずに済みます

また、今後あるであろう警察や検察の取調べに対する対処法についてもアドバイスを得ることができます。

痴漢事件を相談するメリットは?

痴漢は社会問題として知られている一方、実際に直面した時の間違った対処法などがインターネット等を通じて広まってしまっています。弁護士に相談して、正しい対処法を知るメリットは大きいです。

(まとめ表)

該当する行為
埼玉県迷惑行為防止条例 服の上から体を触ったりした場合など
強制わいせつ 下着に手を入れて触った場合など

痴漢冤罪への事前・事後の対策は!?

痴漢冤罪っていうのもよく聞く言葉ですね。どう対処すればいいのでしょうか?

痴漢冤罪事件の場合、疑われないための予防や疑われた後の対処が重要になってきます。通常の痴漢事件に比べ、より一層弁護士の助けを求めることが肝心です。

痴漢冤罪とは?

満員電車などで痴漢をしていないにもかかわらず、本当の犯人と間違われたり、痴漢と勘違いしたりして犯人と疑われることを痴漢冤罪といいます。

痴漢冤罪への対策は?(対策 対処法 防止

痴漢冤罪対策のために何よりも大切なのは予防です。普段から満員電車で女性の近くに乗らない、カバンを手に持ってつり革をつかむなど疑われる状況にならないようにする、混雑する時間に電車に乗らないといった行動をとるように心がけましょう。

痴漢に間違われたら

万が一、電車の中や駅のホームで女性から痴漢だといわれた場合、「自分はやっていない」ときっぱり否定して、堂々と歩き去りましょう。名刺を差し出すなど身元を明らかにするのも良いでしょう。立ち去る際には、女性や駅員の体を押したりぶつかったりしないように注意しましょう。

駅員室に入ってしまうと、そのまま警察署に連行される可能性が著しく高くなってしまいます。

痴漢事件で裁判になった場合は?

痴漢事件を認めている場合は、罰金刑で終わることが多いです。しかし、痴漢冤罪事件のように、痴漢を認めない場合には、裁判になる可能性があります。

もし、裁判になった場合には、無実であることを主張していく必要があります。

痴漢冤罪事件を弁護士に依頼する方法・メリットは?

痴漢冤罪事件では、自分の力だけで警察の取調べに適切に対処することはほとんど不可能です。たった一度、供述調書にサインしてしまったがために裁判で窮地に立たされることは珍しくありません。一刻も早く、弁護士から適切なアドバイスを受け、刑事手続を乗り切りましょう。

また、弁護士が主張や根拠を検察官にぶつけていくことで、証拠不十分として不起訴を獲得できることもあります。

(まとめ表)

痴漢冤罪への対処 まずは堂々と立ち去る

速やかに弁護士を呼ぶ
弁護士にアドバイスを受けるまでは不用意に書面にサインしない

痴漢事件と逮捕の関係は?

もし痴漢で逮捕されてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

逮捕されたら警察で取調べを受けることになります。すぐに弁護士を呼び、今後の流れや対応策についてアドバイスを受けてください。

痴漢で逮捕された場合は?

痴漢をやったとして逮捕されてしまった場合、最悪の場合、最長で3日間拘束され、その後10日間拘束(勾留)されて、もう10日間勾留延長される可能性があります。

もっとも、痴漢事件の場合、勾留されず比較的早期に釈放される可能性があります。

もし逮捕された場合には、早く弁護士に依頼して早期に釈放されるよう活動してもらうのが良いでしょう。

路上痴漢逮捕された場合は?

路上で痴漢をしたと疑われた場合も特に違いはありません。多いケースとしては、被害者や目撃者にその場で捕まり、警察官がやってきて警察署に連行されるものがあります。その場合でも、逮捕された後の流れは、普通の痴漢事件との違いは特にありません。

痴漢現行犯逮捕されたら?

現行犯逮捕されてしまったら、勤め先などに連絡できず、無断欠勤の扱いになってしまいます。そうならないためにも、弁護士とよく相談して勤務先にどう説明するか対応を決めることが重要です。可能なら逮捕の事実が周囲に広まらないようにしておく方がよいでしょう。

痴漢後日逮捕されるの?

痴漢の場合、ほとんどが現行犯逮捕です。警察官が後日逮捕するケースはまれです。

痴漢警察に呼び出されたら?

痴漢で警察の呼び出しを受けても、出頭しなければならないわけではありません。

取調べを受ける前に弁護士に相談しましょう。一人で警察の取調べに対処するのはかなり難しくなります。

(まとめ表)

痴漢で逮捕された場合 最大23日間拘束される可能性がある
自分一人で取調べに対応することは難しい
一刻も早く弁護士からアドバイスを受けるべき

痴漢事件で示談することのメリット、示談金・慰謝料の相場は!?

痴漢事件は示談した方がいいのでしょうか?

痴漢事件では被害者と示談した方がいいです。被害者に示談してもらうことで刑事処分に非常に有利に働きます。

痴漢事件で示談するメリットは?

痴漢事件では、被害者と示談することができれば非常に高い確率で不起訴処分となり、前科が付かなくなるメリットがあります。

もし起訴されてしまっても、被害者と示談をしていれば、最終的な刑が軽くなるメリットがあります。

痴漢事件と被害届の関係

痴漢事件では、被害者から被害届を出されることをきっかけとして警察による捜査が始まることが多くあります。後に被害届を取り下げてもらっても、直ちに事件が終わるわけではありませんが、不起訴となる可能性が高くなります。

痴漢事件の示談金の相場は?

痴漢事件の示談金は、多くの場合は20万~50万円程度になります。もっとも、被害者側の意向によっては高くなることもあれば、弁護士の交渉次第で安くなることもあります。

痴漢事件の慰謝料の相場は?

痴漢事件の慰謝料も示談金と同じようなものです。裁判で認められる額が目安となります。

なお、一般的に、示談をする場合は、示談金と慰謝料を分けずに一括して支払うという合意にすることがポピュラーです。

(まとめ表)

痴漢事件での示談のメリット 前科が付かなくなる
示談金の相場 20万~50万円程度
慰謝料の相場 示談金と同程度
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよくわからない部分を無料で版越しに相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件LINE弁護団のご案内

アトムの「刑事事件LINE弁護団」を友だち登録するメリットをご案内します。面倒な会員登録なし、いつも使っているLINEで友だち登録するだけで、刑事専門弁護士に無料相談できる点が特長です。

刑事事件LINE弁護団のご案内 刑事事件LINE弁護団のご案内
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

電話で弁護士に相談する 0120-631-276 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談